フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 23日と13日 | main | 重さを量ってみる >>
廃材で

ー ロッドケースを作る ー

 

できあがったロッド用に、廃材でケースを作ってみました。

 

使うのはこれ、ブランクが送られてきたときの紙管です。

ボイド管は建築で使う紙管で、丈夫で価格が安いためロッドの配送用によく使われます。

 

ロッドの長さプラス4センチになるように両端をカット。

真っ直ぐに切るのはなかなか難しいです。

 

続いて、厚手のウレタンフォームを紙管に合わせて丸く切り抜きます。

これは蓋の内側のクッションになります。

 

丸くなるように縁をヤスリで整形。

 

蓋にするベニヤ板を紙管の外径に合わせて切り抜きます。

 

ノコギリで大ざっぱに切ってから、

 

紙ヤスリで整形。

 

二つを接着して、蓋のできあがり。

 

続いて紙管の加工です。

まず、カットした部分に接着剤を塗って固めます。こうすることで紙がボサボサになるのを防ぎます。

 

蓋を固定するためのマジックテープを貼り付けます。

反対側にも同じように。

 

蓋にもマジックテープを貼り付けて、

 

蓋ができました!

マジックテープの端は摘まみやすいよう折り返して縫いました。

 

こんな感じに開けます。

もちろん蓋は全部外せます。

 

底にも同じ物を作って接着、

 

完成しました。

 

ロッドケースって案外高価なんですね。

最初は買うつもりだったんですけど、ただ買ってもつまらない、何か工夫できないかと考えました。

思ったより簡単で強度もあり、ケースとして十分使えます。

あえて塗装もせず廃材感丸出しにしましたが、これはこれでなかなかでしょう!

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ