フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 重さを量ってみる | main | 捨てるにも・・ >>
こっちも片付ける

ー 竹の枝ロッドも ー

 

竹竿作りを再開する前に中途半端なものを片付けることにして、先日オモリを外した竹の枝をヤーンロッドにします。

 

まず、怪我をしないように枝を落とした部分をヤスリで丸くします。

 

ひどかった曲がりはガスコンロで炙りながら修正。

 

力を入れすぎて1本のティップを折ってしまいましたが、

 

大丈夫、使えそうです。

 

先端にループを作って毛糸を結わえます。

 

振りながら毛糸の質量を調整。

 

上はティップが繊細なスローアクション。

根元2ft半をダブルにして、5フィートの毛糸を足しました。

スローなループも作れます。

下はティップが折れた方で、短くて硬め。

根元は毛糸3本、次が毛糸2本、その先に3フィートほどの毛糸を足しました。

速いループが繰り出せます。

普通のロッドに例えれば、上が8'0"#3で下は7'0"#5という感じでしょうか。

性格も振り方も違います。

 

竹の枝では、バックキャストできれいなループを作るのが課題です。

普通のタックルならロッドの反発力とラインの重さでカバーできてしまうことが、竹の枝では思うように行かないんですね。

練習して今よりきれいなループになったら、きっと普通のキャスティングも上達しているでしょう。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ