フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 年券を処分する | main | 熊に遭遇した話 >>
昼休みの運動

ー どういうループを作るか ー

 

風が弱い昼休みは、竹の枝&毛糸ロッドの出番です。

前後に、上下に、円を描いたり、いろいろやっていると釣りに使えそうなヒントがたくさん見つかります。

 

例えば、こんなふうにロッドを立て気味にして右側にループを作って、

 

ターンの前に落とすと、逆U型のスラックが作れます。

これは、イワナ釣りに活躍するテクニックです。

 

今度は反対側、バックハンドで左にループを作ります。

ロッドが横になっているように見えますが、実際はもっと立っています。

左岸側を釣り上がるときに便利なキャストです。

上と同じようにループを開かずに落とすと、そのままスラックを作れます。

 

そして今度は上下逆、ラインの下側にループを作ります。

ポイントのすぐ上に枝が被っているケースなどに出番があります。

ターンしにくいことを頭に入れて使います。

 

実際の釣りに使っている、スペイのアンカー抜けのようなキャストや頭上で楕円を描くキャスト、ダブルスペイを空中でやるようなキャストなど、こんなふうにして覚えました。

竹の枝&毛糸は、キャスティングの可能性を広げてくれる大事なツールなんですね。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ