フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 昼休みの運動 | main | 心配で川を見に行く >>
熊に遭遇した話

ー キャー!熊よ! ー

 

養沢ハガキのモデルになってくださった方が9月に熊に遭遇!

そのときの様子を送ってくれました。

 

ーー

9月16日、教えてもらった川のあの場所に車を止めました。


で、同行者に、先に行っててと言われ、川に一人で入ったんです。(ちょっときもちわるい気分はしたのですが)
それで、釣りをしていて、二つに川が別れるところの手前あたりで、さすがに同行者が追いついてこないのが心配になり、後ろを振り返って探していたら、道路の方から、(光の加減で赤褐色に見えた)ケモノが下りてくるのが見えたんです。

この先ですね・・

 

初めは猿?って思っていたら、横向きのシルエットが見え、もっとずんぐり大きくて、鼻というか顎というかその辺りがコの字型だったので、イノシシ?って思いました。(ここら辺あたりから結構焦ってきているのですが)

それで、そのケモノはすごい速さで私の方にどんどん下りてくるんです。そして、いよいよ決定的な耳が見えて、クマだと認識しました。

まさに背水の陣、クマはすごく早くて、とても逃げられないので、クマ鈴をふりながら、大声をあげることしかできませんでした。

交戦するものが何もないので、どうしようどうしようって大声をあげながら思っていました。

そうこうしているうちに、引き返して行くのが見え、同行者もやってきてくれて、とりあえず最悪の事態は回避できた、という感じです。
 

もうびっくりでした。同行者はクマをみていないので、その後も平気で釣りしていましたけど、私は周りが気になって釣りどころではありませんでした。
入渓時に大きな音を鳴らすことやクマスプレー重要ですね!

ーー

 

とにかく無事で良かったです。

この川は8月8日に自分が探索したところで、そのときも何となく薄気味悪い雰囲気がして、クラッカーと音だけピストルを鳴らしながら釣りました。(8月9日8月10日のブログ)

このときは、まさか熊がいるとは思いもしなかったですけど、春先と秋口、早朝と夕方は熊の出没が多いので特に気を付けなくてはいけませんね。

 

そういえば、クマはヘビが苦手と聞いたことがあります。

もし本当なら、そのうちオモチャのヘビを持ち歩くことになるかもしれませんね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ