フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 熊に遭遇した話 | main | やっと手を付ける >>
心配で川を見に行く

ー 毛針田万作さんの川調査 ー

 

毛針田さんが、台風後の川が心配で見に行ったようです。

 

ーー

昨日から長野に来ていて、早起きして、近所の川を見に行くつもりが、朝寝坊して時間がなくなりました。

帰りがけ2ヶ所の様子を見に行きます。

途中の佐久周辺の千曲川はアマゾンの濁流のようでした。

 

今年何度も行った川は、結論から言うと、大水が出た痕跡はあるものの、おおきなダメージは見られませんでした。

下流3キロほどは普通の流れです。

 

上流に行ってみると、

 

落葉樹の森は強いですね。

 

夏にイワナを釣った淵も無事です。

 

15センチ程のイワナがいました。

 

こっちの支流は流れが変わっていて、結構ダメージを受けていました。

 

アシにおおわれ、マダニにたかられた場所はアシが全く有りません。

やはり下流に行くほどダメージが大きくて、落葉樹に囲まれた上流は、倒れた木や少しの崖崩れは有りましたが普段と変わらない流れでした。

魚もいましたし、少し安心しました。

ーー

 

やっぱり釣りが上手い人は、普段からフィールドに感心があるんですね。

川はすでに禁漁でも、魚が残っていることがわかれば来年の釣りに繋がるし、シーズンオフの様子を知ることで釣りの組み立て方も変わります。

最近は休業になった養沢を見に来る方も増えています。レジャーとしての釣りから、1年中楽しむ趣味としてのフライフィッシングになっているんでしょうね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ