フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 試し振りの準備 | main | 試し振り >>
産卵床探し

ー いたいた・・ ー

 

鼻の詰め物が取れて、久しぶりに養沢に行ってきました。

 

10月下旬から11月にかけて作られたヤマメの産卵床はすでに苔がついて見にくくなっていて、ブラウンの産卵床を探してみました。

すると、浅瀬にありました!

しばらく見ていると上流から40センチほどのブラウンがやってきました。産卵床を守っている感じですね。

この下流にも巨大な産卵床があったので、この近くにブラウンが何匹かいるようです。

 

他にも産卵床がありました。

岸際の緩い流れはニジマスでしょうか?

ニジマスは春までだらだら産卵するので、これからも産卵床が見られます。

 

中流部にも上流部にも多くの魚影が見えて、予想以上に魚が残っていることが確認できました。

埋まってしまったポイント、新たに生まれたポイントもあって、来年のオープンは新鮮な養沢をお楽しみいただけると思います。

オープンまで3か月です。

 

| 養沢のこと | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ