フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 水生昆虫の様子 | main | リングガイド >>
ロングキャストのために

ー ラインにマーキングをする ー

 

シングルハンド用のWF5Fラインのハンドリングポイントが分からなかったため、ラインにマーキングをします。

 

普通はラインの箱にヘッド長が書いてあるのですが、特価品で箱がないため測るしかありません。

この位置では左側の方が太いです。

 

ほぼ同じ太さはこの辺りでしょうか。

 

ここに小さくマークを入れます。

 

ここがリアテーパーとランニングラインの境目とすると、ラインの先端までちょうど11mでした。

この小さなマークがトップガイドから1メートル出た状態を最長にフォルスキャストをするとして、ロッド長の3メートルを足したところがハンドリングポイントです。

やや目立つマーキングをします。

ここを保持してキャストし、微調整します。

 

ついでにコンディショナーを塗っておきます。

 

ヘッドを出し過ぎるとラインが落ちてしまうので、ホールしたときトップガイドにリアテーパーが触れるくらいがちょうど良いんじゃないかと思います。

ロッドの長さを上手く生かしたいですね。

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ