フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< #8ってどれだ? | main | レタリングを入れる >>
ロッド表記よりも自分の感覚

ー ダブルハンドを振ってみた ー

 

5種類のラインと買ったばかりのロッドを持って、キャスティングに行ってきました。

下流からの緩い風、まあまあのコンディションです。

 

最初は510グレインのスカンジライン。

ちょっと軽い感じがするものの、特に支障はなく十分な距離が伸びました。

ランニングラインが30lbでは大遠投は無理ですが、30ヤード範囲ならコントロールできます。

 

次は540グレインのスカンジライン、やや長目の41ftです。

これも問題なく使えます。この日の最長距離は35ヤード、馴れればコンスタントに出せそうです。

510グレインよりこっちの方が振りやすく感じました。

 

そしてショートヘッドのスペイフルライン、51ftヘッドで580グレインです。

全然問題ないというか、ヘッド長も重さもちょうど良い感じです。

このぐらが本流では一番使いやすいと思います。

 

そして最後はロングヘッド、ヘッド長は70ftあります。

ロングヘッドはティップアクション気味のロッドでは扱いにくいですが、思ったより違和感はありませんでした。

本流でスイングを中心にした釣りに出番がありそうですね。

 

そして最後は、13'0"#8ロッドに510グレインのスカンジラインでループの確認をしました。

 

ダブルハンドはしばらく振っていなくて、忘れていることがたくさんあります。まずは、力まずにきれいなループを作ることですね。

ロッドに書かれていた重さと違っても、自分の感覚ではどれも違和感なく使えました。

お昼も食べずに3時間、これでキャスティングのスイッチが入った気がします。

 

自己流スペイキャスティングはとうとう11年になりました。

10ft#5から18ft#12まで20本以上のロッドと、数え切れないほどのラインに翻弄された年月でした。

もし11年前にスペイキャスティングを始めなかったら、今どうしていたでしょう。

相変わらずロングキャストが苦手な渓流マンで、得意なマッチング・ザ・ハッチをアピールしながら、本流やダブルハンドを心のどこかで否定していたでしょうか。それとも、フライフィッシングにすっかり飽きて、ほどんど釣りに行っていないかもしれません。

シーズンオフに管理釣り場へ行かなくなったのも、タイイングの時間が足りなくなったのも、すべてキャスティングが楽しいからで、こうしてブログを続けられるのもスペイキャスティングのおかげだと思っています。

 

最近釣りに行かなくなった・・と感じたら、スペイ泥沼に足を突っ込んでみてはいかがでしょうか。再び熱い日々がやってくること請け合いです。

 

| キャスティング | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ