フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 今週は練習 | main | 養沢のハッチ >>
釣りがしたくて

ー 思い立って! ー

 

魚を釣りたいというより、釣りという行為がしたくて、禁漁間近の芦ノ湖に行ってきました。

 

#5ロッドとフローティングライン、小さなバッグを車に放り込んで9時半に出発、12時過ぎに湖に到着しました。

風が弱くて暖かいという予報は半分当たって、やや風が強くて暖かい状況、もろに向かい風で釣り難そうです。

水温は12.5℃、いざウェーディングしてみると予想以上に深くて沖に行けません。

水が多いとは聞いていましたが、これほどとは・・

 

風にクロスするようにシングルハンドスペイで釣り始めました。

キャスト距離は15メートルほど、ラインが流されて釣りにくいです。

 

ギリギリ上がれそうな岩に上がると斜めにバックが取れてオーバーヘッドでキャストできました。でも、風で吹き戻されて17〜8メートルがせいぜい。

この時季は岸際にエサが少ないので浅場にニジマスが寄ってくる期待はできず、せめてブラウンが付いていることを願いましたが気配も反応もなし。

 

せっかくなので撮ってもらったカッコイイ自画像をどうぞ。

ほんの岸際だけしか釣れず、まるでお風呂を爪楊枝でかき混ぜてるみたいです。

 

湖畔の木から6〜7メートル、後ろの木が気になってもシングルハンドスペイなら大丈夫。

浅く見えるのは岩の上に立っているからです。

 

水が多くて先まで入れず、魚が回遊するかけ上がりに届かず。

でもここからはオーバーヘッドでキャストできました。

 

2時間ちょっとでタイムアップ。

この時期に岸から#5のフローティングラインだけで魚が釣れるわけはないと分かっていたんですが、もしかして・・という淡い期待が想像以上に楽しかったです。

行って良かった!やっぱりキャスティング場とは違います。

 

魚を釣りたいなら管理釣り場に行けば良いんですが、魚を釣ることは釣りがしたいのとはちょっと違うんですね。

ウェーディングして、組み立てたロッドでキャストをして、ティペットの先には釣れるかもしれないフライがついている、これだけで6〜7割は満足できて、残りの3〜4割はこの日行ったことで来年まで繫げられることです。

キャスティング練習をして、ラインシステムを考えて、次までの準備がまた楽しいんですね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:01 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ