フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 筋肉痛だったのに・・ | main | 良い感じの木箱 >>
来年のロッドはこれ!

ー 洒落たロッド ー

 

最近すっかり出番をなくしているARTISTパラボリックスペシャル改。

出番が少ない理由は、まだ完全に使い熟せていないからです。

ピンポイントキャストが難しい、いい加減なキャストを拒否する、フッキングの力加減が難しいなど、良くできたフライロッドがカバーしてくれることを、ほとんど自分がやらなくてはいけないのです。

自分の中では極小フライに極細ティペットはまず無理、大きめフライ、太めのティペットで適当にぽいっ!と放り投げて、ガバッと出てくれる魚を釣る、そんなロッドなんですね。

 

今までは車に積みっぱなしになっていることが多かったですが、やっと釣果を気にしなくても釣りが楽しめるようになって、来年は一般河川でメインに使い込んでみようと思います。

 

新鮮な気持ちで使えるようにグリップをきれいにします。

中性洗剤でゴシゴシ洗い、

 

乾かすと洞が見えてきました。

深くないのでこのままでも問題ありませんが、せっかくなので埋めます。

 

パテを塗って半日放置。

 

紙やすりで整形して完成です。

このグリップ洒落ているでしょう。

 

実はこのロッド、グリップ以外にもすごく洒落ています。

2ピースを4ピースにしてもらった際、補強に金属リングが入っています。

レナードのゴールデンシャドーみたいでしょう!

ワインディングチェックともお揃いです。

 

そしてラッピング。

飾り巻きがいいでしょう。スレッドは塗料で変色しない処理がされています。

さすがマッキーズさんですね。

 

ストリッピングガイドも片側だけチェック巻きとお揃い。

他のガイドとフェルールの補強は強度を得るためスレッドに処理をしていないそうです。

 

おそらく来シーズンは試練ですね。

ピンポイントキャストが要求されるイワナ釣りではどうなるんでしょう。

ヤマメのライズもうまく狙えるでしょうか。

自分と一緒に釣りに行く人に言っておいた方がよさそうですね。

釣れないのは、この竿のせいですからね!

 

| タックル&ツール | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ