フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 結局45本 | main | 養沢のフライを巻く >>
新年早々・・

ー やっちゃったかな・・? ー

 

年末に手に入れたロッドが気になって、新年早々ラインを加工することにしました。

10年前に発売されたこのロッドはスカンジナビアン系、ロッド表記の20〜23グラムに合わせます。

 

出番がないスカンジナビアンヘッドをカットして使います。

24グラムですから3グラム分カットします。

 

ティップを1フィート、リアテーパーを5フィートでちょうど良いです。

 

思い切ってチョキン!

 

前後にブレイデッドループを溶着して、

 

完成です。

21グラム、全長は29フィートになりました。

 

ラベルをリールに貼ったところで気付きました。

ロッドに書かれている#9で20〜22グラムって、どのラインを基準にしているんだろう・・?と。

 

20〜23グラムをAFFTA基準に照らしてみると、

シングルハンドのオーバーヘッド用なら#11相当、ダブルハンドのオーバーヘッド用なら#7/8の中間、ダブルハンドのスカンジナビアンなら#5、ダブルハンドのスカジットなら#4/5の中間と、どれにも当てはまりません。

慌ててラインメーカーが推奨する指標に当てはめてみると、このロッドに適合するラインはダブルハンドのスカンジナビアン#9の33〜34グラムと書いてあります。

えっ!? ダブルハンドの#9?

そうなるとカットしたラインは使えないことになります。

新年早々やっちゃったかもしれませんね。

 

ではロッドに書かれている20〜23gは何でしょう?

まさかただの記号ということはないでしょう。

唯一の可能性は、最近目にするシングルハンド・スペイラインが#9で約22グラム、このラインがロッドの発売時にあったとしたら表記は間違いではないということです。

まあ、せっかく加工したんですから、まずは振ってみましょう。

 

| やってみました | 00:01 | - | - |
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ