フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< キャスティング日和 | main | ホームグラウンド >>
ニンフのアタリを取る その1

ー インジケーターを付けずにアタリを取る ー

 

フライフィッシングを始めた年、ドライフライは難しいという思い込みがあって、一年をほぼニンフで釣りました。

当時はインジケーターフィッシングという概念がなかったので、魚のアタリを取るのが非常に難しく、ピックアップ時に偶然掛かかってくることの方が多いほどでした。

何とかアタリを取りたいと考えているうち、ルアーの経験を元にしてフライを引っ張ることを思いつきました。

さっそく養沢に行ってプールの上流から流れに任せてラインを出し、ニンフをちょこちょこ引っ張ってくると、ゴツン!と向こう合わせでフッキングしました。手に直接アタリがくるのはルアーより刺激的で、しばらく養沢ではこの方法ばかりやりました。

そんなあるとき奥多摩フィッシングセンターに行く機会がありました。

ルアーでは何度か来ていてもフライでは初めてです。養沢と同じようにプールの流れ込みに立ち込み、ラインを流してからリトリーブするとすぐにニジマスが釣れました。続けてニジマスを釣ると他の釣り人から胡散臭そうな視線が・・

最初は自分だけ釣れるからと思ったのですが、何か様子が違う、そのうちベテランらしき一人が近づいてきて「ここで逆引きはマナー違反ですよ!」と言われました。

見渡すと一つのプールに何人かの釣り人がいて、フライもルアーも他の人に気遣いながらキャストしているのに、自分だけが広いエリアを占有していたんですね。

「すみません」と慌てて水から上がると「せっかくフライをやっているなら、もっと楽しい釣り方がありますよ・・」と笑顔で言われました。

ここで自分がしていた釣りが「逆引き」という方法だと知り、「もっと楽しい釣り方」という言葉が耳に残りました。

 

自分がやっていたのはフライタックルを使ったルアー釣りのようなものだったんですね、それ以来養沢でも逆引きは封印しました。

アタリを取る方法として、次に思いついたのが浮子を付けることでした。

発泡スチロールを円筒状に削って半割にし、両面テープでリーダーに貼り付けました。浮子の下に小さなハリス止めを付けてティペットの長さを調整できるようにしたのはナイスアイデアだったのですが、浮子を付けることへの抵抗からこれも長続きはしませんでした。

今は市民権を得ているインジケーターフィッシングも、当時は邪道という雰囲気が強かったんですね。

養沢で回収してきたインジケーター。

 

前置きが長くなりましたが、浮子を外したここからが本題です。

インジケーターを付けずに沈めたフライのアタリをどうやって取るかですね。

 

ニンフフィッシングを語れるほど経験を積んでいませんが、今でも時々やる三つの方法を紹介します。

これができれば養沢では魚に困ることはないと思います。

説明が長くなるので数日中にまとめます。

 

 

※インジケーターニンフは案外高度なテクニックが要求される釣りで、インジケーターからフライの間に弛みがあると、魚がフライをくわえてもインジケーターにアタリが出る前に吐き出してしまいます。原理をよく理解してから使うことが大事ですね。(実はインジケーターはエキスパートの釣りなんだと自分は思っています)

昨年道路から目撃した例では、明らかに魚が口を開けてフライをくわえたのにインジケーターに変化が現れずフッキングできないケースが予想以上にありました。逆にフライが底石に引っかかっただけでフッキングしているケースもたくさんあって、酷い場合はくわえた1割しかフックアップできない人もいました。

それでも魚がたくさんいる管理釣り場ならどれかの魚が掛かってくれますが、インジケーターに頼りすぎて水中で起こっていることを想像しないことが、反って釣れない状況を生み出しているようです。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:21 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ