フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 準備OK! | main | キャスティング日和 >>
水生昆虫の様子

ー 水生昆虫を探してみました ー

 

養沢の水生昆虫を見てきました。

神谷橋のほぼ直下です。

 

岸際の石をひっくり返すと・・

小さな虫がチョロチョロ動いて、掬ってみるとコカゲロウのニンフでした。

体長4ミリほどですね。

 

次はこれ。

上がクロカワゲラ、真ん中がコカゲロウ、下の上側がヒラタカゲロウっぽくて、下の下側はトビイロカゲロウです。

トビイロカゲロウは3月にハッチするトゲトビイロにしてはちょっと小さいので、初夏にハッチするナミトビイロかもしれません。

 

さらに

上がクロカワゲラ、真ん中下はオナシカワゲラでしょうか。

 

そして大物

オオヤマカワゲラです。

テールとアンテナが切れていますがどうしたんでしょう。

動きが鈍く元気がなかったです。

 

さらに大物

7センチ近くあるカジカです!

お腹が膨らんでいるのでメスですね。養沢では3月に産卵します。

流されずによく残っていました。

 

クロカワゲラがやたら目立って、この時期最も目にするヒメフタオ類がまったく見えず、やはりスイミング型のニンフは流されたんでしょうね。他にヒラタやマダラの類いも例年より明らかに少なかったです。

 

現状から大ざっぱにハッチ予想をしてみると、

まずオープン頃はいつものようにユスリカとクロカワゲラで、両方ともハッチはそこそこありそうです。一方でカゲロウ類はナミヒラタ、マエグロヒメフタオ、トゲトビイロ共に少なそうです。

また、3月中〜下旬に集中ハッチするクロツツトビケラと3月下旬からのオナシカワゲラも期待できそうもありません。

あとはガガンボですが、石の表面に付いているはずの巣が見当たらず、数は減ると思います。でも、他の虫が少なくなった分目立つかもしれません。(魚の餌になりやすいかも・・)

 

今年は水生昆虫の様子を知るためにストマック採取をしたいと思っていますが、全体的に浅くなってプールに釣り人が集中しそうな感じです。

お客さんの邪魔にならないようにやれるかですね。

 

| 養沢のこと | 00:02 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ