フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ホームグラウンド | main | ニンフのアタリを取る その2 >>
スマートなやり方

ー フックをガイドに掛ける ー

 

友人とフックキーパーの話題が出たので、フックをロッドに掛けておく自分流のやり方を紹介します。

 

以前のスクールでライン処理として実践した方法です。

このロッドのようにフックキーパーが付いていないロッドでもできます。

(スクールページでも説明しています。こちら

 

まずフライを持ち、手前から3つ目くらいのスネークガイドに掛けます。

 

こんな感じですね。

 

そのままリーダーを持ってリールの周囲に引っ掛けます。

 

 

見えないので、赤で描いてみます。

こうですね。リールを巻いて弛みを取ります。

 

普通の長さのリーダーなら、フライラインがトップガイドから出たでしょう。

このフライラインが出ていることがミソです。

 

外すときは、先にリールに掛かっているリーダーを外し、写真のように左手でグリップの手を軽く叩きます。

するとロッドが振動して、ガイドに掛かっていたフライは外れます。

(1度で外れなければトントンと2度やってください)

フライラインがトップガイドから出ているので、すぐにキャストできます。

落ちたフライが引っかからない水面や砂利の上でやった方が良いですね。

 

フライをフックキーパーに掛けるとリーダーとラインの継ぎ目がガイドの中に入り、思うようにラインが出てくれません。イライラしながらロッドを置いて引っ張り出すこともありますね。

紹介したやり方は、フライラインがガイドから出ているのでいきなりキャストできます。

ちょっとしたことですが、釣りがスムーズになること請け合い、ぜひやってみてください。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:06 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ