フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< オープン準備 | main | 緊急用のリール >>
買っても良いと思うフライ

ー 巻くより良さそうなこのパターン ー

 

養沢で販売するフライの中で、自分が巻くより買った方が良いと思ったパターンがあります。

ピックアップしてみました。

 

まずスタンダードドライ。

パラシュートとエルクヘアカディスは案外得意なので、買うとしたらまずロイヤルコーチマンですね。ボディも面倒だし、ホワイドダックのウイングはもっと面倒、1本巻くエネルギーを考えたら195円は破格でしょう。

他に、マーチブラウンとライトケイヒルのフェザーウイングも買った方が楽ですね。

 

続いてハッチマッチャー。

 

この3本でしょうか。

左上:ブルーウイングドオリーブ#16。やはり面倒なのがウイングで、小さなブルーダンのハックルティップを付けるのは大変です。

右上:コダードカディス#14。ディアヘアーの刈り込みは文句なしに大変です。自分で作るなんて考えたくありません。

下:ブラックハンピー#14。テール、オーバーボディ、ウイングはヘアーで、これほどコンパクトに巻くには相当な手間がかかります。

 

次はウェット。

 

ウェットはどれも大変なんですが、中でもこれは巻きたくないですね。

左:インビクタシルバーカディス#12。シルバーティンセルの上にボディハックルを巻くのは大変だし、スロートハックルのブルージェイはマテリアルが高く付きます。

右:プロフェッサー#12。テールのスカーレットアイビスは先月買ったばかりですが、このパターンは苦手意識があってうまく巻けません。

 

そしてこの小さなハックルウェットも。

左:グリーンウェルソフトハックル#18。グリーンウェルのハックルを持っていないため同じものは巻けません。

右:マーチブラウンソフトハックル#18。このサイズにパートリッジハックルを巻くのは結構大変です。

 

そしてニンフ。

 

やはり小さなこれでしょうか。

左:ゴールドビーズエンドリック#18。ビーズを持っていないので数本巻くなら買った方が割安です。

右:ユスリカピューパ#18。自分はヘッドにピーコックを巻かないので、これなら買っても良いと思えます。

他に、巻いてみると面倒さが分かるプリンスニンフやレッグ付きのフェザントテールニンフも買った方が楽ですね。

 

今年の養沢はユスリカだけで釣ると決めましたが、販売しているフライだけで釣ってみるのも良かったですね。

来年の課題にしましょう。

 

| 養沢のこと | 00:02 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ