フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 魚が食べていたもの 後編 | main | でた〜っ! >>
翌日はハッチ探し

ー 寒くて・・ ー

 

養沢の初釣り翌日、遠くの川にアマゴ釣りに行く予定だったのに野暮用で出そびれ、結局養沢にハッチ探しに行きました。

 

お昼過ぎ養沢に着いてみると、寒い!

どんより曇り空で吐く息が白いほど、ハッチなんてありそうもなかったんですが・・

 

神谷橋の下流でトビイロカゲロウをネットでキャッチするも、ユスリカはほとんど飛んでいなくて虫っ気がありません。

神谷橋の直下でやっと見つけました。

流れの中の岩からよじ登っているのは紛れもないメイフライです。

 

靴のままでは近づけないので目一杯ズームしてみました。

この時点ではてっきりトビイロカゲロウと思ったのですが、自宅に戻って写真を拡大すると・・

トビイロにしてはボディが太くて短い、翅の色が違う、テールも2本にしか見えません。さらに拡大すると後翅がないような・・

これは、どう見てもコカゲロウですね。

大きさは1センチほど、色合いからするとシロハラコカゲロウでしょうか。

例年だと3月中順頃からハッチを始め、大量のトビイロカゲロウに紛れて養沢ではなかなか見付けにくいメイフライです。

良かった、コカゲロウも確認できました。

 

そうなるとマエグロヒメフタオも・・

よじ登りそうな岸際の石を片っ端から見ていくと、いました、いました!

写真の真ん中、見難いですけど上が頭で、ちょうど羽化を始めたばかりです。

マエグロも遊泳型のニンフですから、多くが流されて今年は少なそうです。

 

そして次に見つけたのはユスリカのクラスター。

写真中央の花びら状のものはユスリカのアダルトが塊になって流下している様子です。

単体は3〜4ミリの大きさでも、塊になるとずいぶん印象が変わりますね。

 

ユスリカアダルトはこのように数匹がまとまって流下することが良くあります。

ユスリカクラスターなどと呼ばれ、魚もこれを好んで食べています。

ユスリカ=極小というイメージがありますが、クラスターのサイズ感ならグリフィスナット、バイビジブルあたりがイミテーションとして使えますね。

(単に虫の形を真似るだけでなく、どんな形で魚に食べられているかを考えると面白いですね)

 

ところで、台風後に産み付けられたヤマメの卵は孵化して、そろそろ稚魚が浮上しているはずです・・

居そうなところを探しても姿は見えません。

 

大増水がちょうどヤマメの産卵期と重なり、多くの卵が流されました。後に残った魚が産卵を始めたのが11月上旬、いつもより遅かった影響があるかもしれません。

養沢生まれが少ないのは寂しいですから、次回は稚魚探しもやりたいですね。

 

※今年は水生昆虫の様子が分からないため、しばらくお休みしていた「ハッチ&流下情報」を復活することにしました。

3月4日分はこちらに掲載しました。

 

| ハッチ情報 | 00:02 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ