フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 祝日のライズは渋かった | main | そろそろ準備する >>
他力本願ストマック

ー 採ってもらったストマック ー

 

友人が採ってくれたストマック。

まずは下弁天から阪東橋まで。

ニジマス1

ユスリカ・ラーバ・ピューパ・アダルト、マダラカゲロウっぽいニンフ、他は消化されて判別不能。

 

ニジマス2

細長いニンフはコカゲロウでしょうか。ウイングケースが盛り上がってハッチのために浮上途中だったかもしれません。

他は消化されて判別不能です。

 

ニジマス3

ユスリカ・ピューパと植物片など。

 

ヤマメ1

ユスリカ・ピューパ・アダルト、他消化されたもの

 

ニジマス4

ユスリカ・ピューパ・アダルトの他は消化されて判別不能

 

ヤマメ2

マダラカゲロウっぽいニンフと消化された残骸

 

ヤマメ3

ユスリカ・ラーバ・アダルト、他は消化された残骸

 

ヤマメ3の魚

ネットの色いいでしょう!・・と自画自賛。

 

で、神谷橋でヤマメとニジマスを数匹ずつ釣って、これが最後に釣ったニジマス。

ユスリカ・ピューパとアダルトで満たされていました。

わずか3ミリに執着するニジマスがどれほどシビアか想像がつきますね。

キャッチしたのは見事です!

 

ちなみに、友人たちはピューパでのサイトフィッシングの他、#30のアダルト(ドライ)まで駆使して、最後はウイングをカットしてキャッチしたそうです。

#26とか#30を当たり前に使っていることに冷や汗が出ますが、極小フライは#20までとは別世界ですから、これを駆使できればほぼ釣れない魚はないでしょう。

ただし、使い熟すにはそれなりのテクニックが必要で、これにハマリ込むと抜けられなくなります。

 

| ストマック日記 | 00:04 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ