フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 修理に出しました | main | 気温−3℃、水温3℃ >>
またしても強風

ー おまけに冷たい北風 ー

 

半日かかると思った用事が午前中に終わり、釣りに行けそうな雰囲気になりました。

秋川本流でのライズ狙いかキャスティング場でのウェットか・・

両方のタックルは車に積んであるので、このまま目的地に向かうだけです。

途中で昼食を買うために車を降りると予想以上の強風、これではライズ狙いは無理で、キャスティング場で釣ることにしました。

 

昼過ぎに到着、12'4"#6のグラスロッドに420グレインのスカンジヘッドの組み合わせ。

12フィートのツーハンドは久しぶり、ロッドが重く感じます。

 

ウェットのボックスから#10グリズリーキングを選びました。

風が強いのでドロッパーはなし。

 

最初のポイントは瀬の下流が所々深くなっていて、いかにも魚が残っていそう。

 

でも、上流からの強風で釣りにくいです。

 

いかにもいそうなのに反応がなく、シンクティップにチェンジして少し深めも探ってみましたが、

残念ながらアタリはなし。

 

さらに下流、ここも良さそうなポイントです。

ティップをフローティングに戻し、右側からスウィングさせてターン後にロッドを上下させながらリトリーブ。

少しずつ下流にラインを伸ばして探っても、ここでもアタリはなし。

 

さらに下流に移動。

正面のコンクリート脇が深くなっていて、良い感じ。

 

右の流心脇にキャストしてラインを送りながらスウィングさせて、コンクリートの脇でターン・・

リトリーブに入った瞬間にモゾモゾッ!と来ました。

ググッ!と一瞬引いて、「きたっ!」と思った瞬間、ふわっと軽くなりました。

乗らなかった・・!

しばらく休ませ、#14パートリッジ&フェザントにチェンジして何度も探ってみましたが、さすがに二度はなかったです。

あの感じはおそらくニジマス、解禁で放流された残りでしょう。

 

下流に川遊びの人たちが見えたので、一旦土手に上がり上流へ移動。

シンクティップとマラブーニンフにチェンジして広いプールを探ります。

半分程まで釣り下ってみましたが、反応はなし。

 

とにかく風が冷たくて日が陰る前に上がりました。

 

正味3時間、またしても強風に晒されましたが、魚がいるかいないか分からないこの場所ではアタリだけでも嬉しいです。

少ない魚をどうやって探すか、それも大きな楽しみですからね。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:09 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ