フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 初めての養沢で | main | きれいな魚 >>
4匹のヤマメと2匹のニジマス

ー 3月31日のストマック ー

 

2人の甥に釣ってもらったストマック。

 

ヤマメ1

ユスリカピューパが中心でアダルトもいます。

真ん中下の塊はオナシカワゲラのアダルトで動いていました。

#18のCDCカディスがマッチしたようです。

 

ヤマメ2

ユスリカピューパが数匹、真ん中は苔でその下にいるのがカワゲラのニンフ。形からするとオナシカワゲラのようです。

 

ニジマス1

ユスリカピューパが中心、右端の塊はカゲロウのダンのようですが判別できず。

 

ニジマス2

ユスリカピューパとアダルト、真ん中上の塊はメイフライのダンらしきものですが消化されて判別不能、真ん中の下端にオナシカワゲラのアダルト、真ん中やや左下にはガガンボピューパも見えます。

 

ヤマメ3

左端はユスリカピューパ、右端はトビケラ(カディス)ピューパ、サイズと季節からするとヒラタコエグリトビケラでしょうか。

 

ヤマメ4

セレクティブなライズを繰り返したいたヤマメ。

甥からロッドを借りて#26のユスリカピューパで掛けました。

ユスリカピューパが中心でアダルトも食べています。

左端と真ん中上の大きめの塊はコカゲロウのニンフだと思います。

 

この日はずっと雨でハッチが少なく、飛んでいたのはユスリカばかり、かろうじてオナシカワゲラとコカゲロウ、ガガンボを見かけました。

ライズはほぼユスリカでしたね。

 

2人の甥には#18や#20はフライが見にくくて難しかったようです。

途中で#14や#16に換えたりもしましたが、魚が食べたいもの(この日は小さなユスリカ)と人間が使いたいフライのギャップをどう埋めるか、そこにフライフィッシングの大事な部分があると話しました。

魚は見やすいフライという人間の都合など関係なく、食べたいものを食べるだけです。人間側がそれにいかに合わせられるかですね。

 

| ストマック日記 | 00:04 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ