フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ティップのテーパーに合わせる | main | 新緑の養沢 >>
パラシュートついでに

ー 過去に巻いたフライ ー

 

30年以上前、日本にCDCが紹介されていなかった頃、フライはパラシュートばかり使っていました。

お得意はストリップドピーコックをボディに巻いたブラウンパラシュート、#12〜#20があれば養沢のヤマメから一般河川のイワナまで十分釣りになりました。

 

でも、フライフィッシングは釣れれば楽しいとは限りません。いつも同じフライで釣れるのが当たり前になると、すっかり飽きてしまいました。

そこで編み出したのがこんなパターンです。

 

#12に巻いてみます。

 

今回はウイングにシンセティック素材を使います。

ウイングを前後に2本立て、ベント側のボディから巻いていきます。

 

後ろ側にハックルを巻き、中間ボディを巻き、前側のハックルを巻いて出来上がり。

ダブルパラシュートです。

 

上から

 

下から

 

タンデムローターのヘリコプターを見て思いつきました。

1匹の虫より2匹の方が魚が喜んで食べるんじゃないかと考えたわけですが、巻くのが面倒なわりに普通のパラシュートとあまり変わらず、CDCが登場するとすっかり出番がなくなりました。

 

でも、改めて巻いてみるとなかなか良いパターンですね。

夏のイワナ釣りに使ってみましょう。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:13 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ