フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 一周ぐるりと | main | ガラガラ・・バキッ! >>
湖で釣りたい

ー 自粛が解除されたときのために ー

 

ゴールデンウィーク明けに自粛が解除されたら、湖に行きたいと思っています。

ちょうど表層で釣れる時期、今から準備しておきます。

 

まず昨年組み立てた10'0" #5ロッドに合わせるラインを加工します。

このラインは長いティップが沈みやすく、水面からラインを剥がすのが大変です。

 

長すぎるティップを2フィートカットします。

 

先端に溶着ループを作ります。

収縮チューブを通してライターで加熱、ラインが溶けたら、

 

収縮チューブを外して出来上がり。

少し焦げてしまいましたが大丈夫でしょう。

 

ラインコンディショナーを塗って準備完了。

 

ついでに表層用のフライを巻きます。

波が高くてドライが使えないときのウェットです。

フェザントテールのボディにヘンフェザントのハックルを使ったフェザント&フェザント。

表層用に#14のファインワイヤーに巻きました。

 

ハックルウェットはハックルの量とフックの重さ、ティペットの太さで沈み加減が変わります。

 

釣り人は、広いところに行くと遠くを釣りたがり、深いところに行くと沈めて釣りたがります。

でも、魚は条件さえ揃えば浅いところに入ってきて、表層の餌を食べます。

それがいつでどこなのか、そのために水温を調べ、風を見て、ハッチを探すわけですね。

フライフィッシングは考えることが多いほど面白いのです。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:05 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ