フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< さらに凄かった! | main | 載せられない虫 >>
コツコツ続ける

ー 細かい作業 ー

 

できあがったブランクは今までのどの竿よりバットが太く、どうなっちゃうんだろうと不安でした。

まあ、何とか使えそうだと分かって、次の作業を進めます。

 

グリップとリールシート、ガイドの準備をします。

1本のリールシートはパーツが揃っているので、もう1本のリールシートをガラクタの中から見つけます。

しょうが無いガラクタも捨てずにとってあります。

 

以前友人からいただいたリング&ポケットを使うつもりでしたが、この竿には太すぎることが判明して、唯一使えそうなものはこれだけでした。

ちょっとみすぼらしい・・

 

と思って金属磨きで磨くと、なかなか良い感じになりました。

これにしましょう。

 

こんなものも出てきました。

20年以上前に塗装を重ねたウッドフィラー、金具はありません。

きれいな虎目ですが、ウッドフィラーはこの先も使わないので処分しました。

 

スネークガイドを在庫から組み合わせます。

 

逆巻きのイングリッシュスネークやファインワイヤー、メッキも微妙に違ってなかなか同じものが揃いません。

結局、面倒になって買うことにしました。

 

揃っているワンフットだけフットを削っておきます。

グリップ周りは半分くらいまで進んでいて、あとはリールシートの加工をすればすべてのパーツが揃います。

 

実際に釣りに使ってみるまで、不安はつきまといます。

自分だけが使うなら、イワナ釣りに強めの竿が欲しいと思っていたので出番は多いはずです。しかし、1本は人にあげるつもりで、軽いグラファイトからの持ち替え、最初の1本には重くて強いかもしれません。

まあ、あまり期待しないでもらいましょう。

 

イメージは山岳渓流のイワナ釣りです。

岩際のピンスポットに大きめのフライを叩き込み、イワナの硬い口にがっちりフックアップできる竿です。

ラインは#4、近距離なら#5も使えると思います。

もちろん20ヤードくらいなら問題なくキャストできるでしょう。

 

| ロッド・ネット作り | 00:04 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ