フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 我慢できずに | main | さらに凄かった! >>
久しぶりに養沢で釣る

ー 上流部でちょい釣り ー

 

友人が来ると聞いて、養沢に行ってきました。

昼頃到着、すでに釣っているはずの友人を探すと石舟にいました。

7時頃ポンプ小屋から釣り始め、釣り上がって来たとのこと。

さすがに朝早いですね。

様子を聞くと、ヤマメの反応が良く、浅い瀬にもいる、渕尻にもいて一般渓流みたい・・と。

それならここでストマックを採ろうと準備を始めました。

 

ロッドはARTISTスムース、7'11"#3、ティペット0.3号、フライはCDC系の#16。

ニーブーツで川に下り、キャストを始めるとラインが絡んでうまくいきません。

ガイドを飛ばしていました。慌てていますね。

 

浅い瀬にキャストするとすぐに反応があったのに、すっぽ抜け。

友人の言うとうり浅い瀬に魚がいます。

 

もう一度・・

今度は掛かりました、ヤマメです。

 

続いてちょっとした深瀬で反応があって、フライを#18にチェンジするとニジマスが釣れました。

口には別のフライが刺さっていました。

(左が自分のフライ、右の大きいのが刺さっていたフライ)

 

フライを外そうと思ったら、なかなか外れずフォーセップでやっと外しました。

今時管理釣り場でバーブ付きはないですね・・養沢でもバーブ付きフックは禁止です。

 

続いて瀬尻でヤマメ。

 

さらにちょっとした弛みでニジマス。

30分でノルマ達成です。(ストマック情報は近日中に掲載します)

 

上流部は釣り人が少なかったんでしょうか。

一般渓流のようなポイントから次々に魚が飛び出して、イワナならここ・・という巻き返しからはニジマスが出ました。

ノルマ達成でこのままリリース。

 

下流から上がってきた友人はこんなポイントで、

 

ヤマメ。

この時期の上流域は、魚がプールに溜まっていることは少なく、特にヤマメは瀬に出ています。

思わぬ浅瀬にもいるので、足元から釣ることが大事ですね。

 

ところで、管理事務所に「Fishing Cafe」という雑誌が置かれているのをご存じですか。

釣具のシマノさんが発行している雑誌ですね。

この中で養沢が紹介されています。

釣り場の成り立ちが書かれていて、釣場開設日の様子には「バーブレスフックで愉しんだ・・」とあります。

1955年当時すでにバーブレスフックが使用されていたことに驚きますが、釣り場に飾られているブレークモア氏のフライにも珍しい形のバーブレスフックが含まれていたと思います。

 

あれから65年、バーブレスフックの使用がルールになって20年経ちました。

それでもまだバーブ付きフックが使われているようです。

もし、気にしていない方がいらっしゃったら、是非気にしてください。

バーブ付きフックは人に刺さると大怪我になります!

 

Fishing Cafe  vol.65 

発行元:株式会社シマノ 

税込み640円 ネットの書店でも購入できます。

 

| ストマック日記 | 00:06 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ