フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ストマックから考える釣り | main | 高級品ばかり >>
なかなか良い感じ

ー 再度試し振り ー

 

竹竿は、ワンフットガイドの方からラッピングをし1回目のコーティングをしました。

楽しみにしていたダークオリーブのラッピングは、コーティングでほとんど黒になってしまいました。

まあ、これはこれでヨシとしましょう。

 

もう1本のスネークガイドの方を8割方ラッピングしたところで、やっぱり少しグリーンぽい方が・・と思い始めて、試しにグリーンで巻いてみました。

右がダークオリーブで左がグリーン、やっぱりグリーンの方が良さそうです。

 

翌日、ダークオリーブを全部解いてグリーンで巻き直しました。

コーティングで良い色になりますように!

 

さらに翌日、シングルフットガイドのコーティングが硬化して、再度ラインを通して振ってみました。

リールはテープと輪ゴムで刈り止め、

 

#4ラインを通してみると、テープで仮止めたときより柔らかく感じます。

ストリッピングガイドはセラミックリング、竹竿=**みたいな定番は面白くありませんからね。

 

イワナ釣りで最も多用する4〜5メートルではリーダーがきれいにターンしました。

ピンポイントキャストも悪くありません。

10メートルほどまで伸ばしても普通にラインコントロールできて、心配していたほどの違和感はありません。

 

紙テープよりもスレッドとコーティングの方が重さがあってロッドが柔らかく感じたと思いますが、そうなるとスネークガイドの方が柔らかく感じるかもしれません。

もしそうなら当初の予想の逆で、試した甲斐があるというものです。

 

このペースなら1週間もあればロッドは完成します。

そろそろケースの準備も始めたいですね。

 

| ロッド・ネット作り | 00:04 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ