フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< もう少し | main | 回収・・ >>
6月16日のストマック採取

ー キーは浅瀬でした ー

 

お昼過ぎ、釣り場に到着すると平日なのに駐車場はほぼいっぱい、事務所に顔を出して上流に向かいました。

木和田平駐車場は道路側までいっぱい、次の神谷橋駐車場に車を止め川を覗くと橋の上流に一人、栗の木〜遠藤前が空いていたので遠藤脇の駐車場に移動しました。

支度をしていると上流から釣り人が下ってきて、遠藤前と栗の木に入ってしまいました。

仕方なく神谷橋の下流に入るつもりで歩いて行くと、神谷橋の釣り人が上がるのが見えました。良かった、神谷橋から釣り上がります。

 

水はやや多目、魚は沈んでいて見えません。

 

表層にいる魚を探してやっとヤマメを発見、#16メイフライパターンを何度か流してキャッチしました。

 

ストマック。

消化されているものばかりです。

マダラカゲロウらしきニンフが数匹、翅らしきものがある虫は判別不能です。

 

続いて川底から一気に浮上したのはニジマスです。

 

いろんなものを食べています。

蜘蛛、蟻、ガガンボ・ラーバ・ピューパ・アダルト、ブユ・ピューパ、ウスバカゲロウらしき虫、カワゲラ・アダルトの残骸など多種にわたります。陸生昆虫が目立つのは雨の影響でしょう。

 

ごく小さなアリも何匹か出てきました。

これを餌と認識して食べているんですね。

 

神谷橋から浅瀬を釣り上がると、またしても上流から釣り人が釣り下ってきました。

最近、上流から下流に釣り下る人が目立ちますが、釣り場のマナーでは基本的に釣り上がりです。そうしないと釣り人同士がバッティングしてしまいます。

栗の木の手前まで浅瀬を釣り上がったところで突然の強い雨、車に避難しました。

浅瀬では1匹かけ損ない、2匹バラし、瀬の魚は手強いです。

 

雨が上がるのを待って神谷橋駐車場に移動、平和橋の上流から釣り始めました。

ここの上下は良い瀬が続くのに、上流にも下流にも釣り人の姿はありません。

 

魚は見えなくても浅瀬にいるはずと、#16のドライフライを流していくと手前の浅瀬で釣れました。(写真の右隅の赤丸です)

ニジマスです。

 

結構いろんなものを食べていました。

ガガンボ・ピューパ・アダルト、ブユのピューパ、カワゲラ・ニンフ、蠅っぽい虫、羽蟻らしき虫など多種にわたります。

 

そして対岸側の浅瀬でヤマメ。(対岸近くの赤丸あたりです)

何度かフライに反応して、やっと掛かりました。

20センチ程の浅瀬にいました。

 

ニジマスに比べて小さいものが多いです。

ガガンボラーバ・ピューパ・アダルト、ブユ・ピューパ・アダルト、ユスリカ・アダルト、マダラカゲロウ・ニンフ、オドリバエなど。

これで4匹のノルマ達成、ここで終了しました。

 

水が多めの時、魚は川底に張り付くことが多いですが、水深が浅ければドライフライとの距離は近く、フライに良く反応します。ただし浅い水深はフィッシュウインドウを狭めるため、フライを発見した魚は慌てて飛びつき、魚の食い損ない、釣り人の掛け損ないが多発します。流れが速いのも難しいですね。

 

ウェーダーを穿くと無意識に水に入ってしまうことがあると思いますが、浅瀬を釣るときは岸際の魚を驚かせないことが大事です。なるべく水際から離れて自分に近いところから釣る、水が多めの時は特にですね。

そのため、今年の養沢はほぼニーブーツで釣っています。できるだけ水に入らないことで足元の魚にも注意が向き、そういう魚に助けられているんじゃないかと思います。

 

※6月16日のストマック情報は近日中にアップします。

 

| ストマック日記 | 00:09 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ