フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 使い慣れればマル | main | 季節外れの >>
できたぁ!

ー ロッド袋が完成 ー

 

竹竿最後の締めくくりにロッド袋を縫います。

どの生地を使うか悩んで、この2つを使うことにしました。

手前のはベストを縫おうと買っておいたものです。

 

翌日、さあ縫おう!とアイロンを準備しているうちに気が変わりました。2つとも魚のプリント柄を使います。

プリント柄のネックはこの裏、内側に継ぎ目がないように折り返すと裏が丸出し、さすがにこれはカッコ悪い・・

 

いろいろ考えて、外側に端布を縫い付けました。

柄のバランスはともかく、上手くいきそうです。

 

こんな感じですね。

 

周囲をまつり縫いで袋状にして、

 

バイアステープでカバーしました。

これで内側に継ぎ目はなく、ガイドが引っかかることもありません。

色はバラバラでも我ながら良くできました。

 

1つ目の自慢はこれ。

バイアステープの余りをループにしました。

引っ掛けて乾燥させる・・?

 

違うんですね。

ケースから取り出すときの取っ手です。

これがないと出しにくくてイライラします。

 

そしてもう一つがこれ。

紐を縫い付けたループは・・

 

こうやって使います。

フェルールプラグを留めるためです。

ポケットに入れたり、ロッドケースに入れたりしていくつもなくし、この方法にたどり着きました。

 

たかがロッド袋と思うでしょう。

作ってみると分かりますが、自分の使い勝手と密接に関係していて、考えることがたくさんあります。

取り出し方、しまい方、保管の状態など、自分にどれだけ親切にできるかですね。

さあこれで竹竿は一段落、釣りを取り戻さなくてはいけません!

 

 

※ロッド袋、作ってみると面白いです。

コツは縫う前にアイロンで折り目をつけることです。

釣り具ホビーの入り口としてお勧めします。

 

| ロッド・ネット作り | 00:05 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ