フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ぎりぎりイワナ | main | できたぁ! >>
使い慣れればマル

ー ホヤホヤの竹竿でイワナ釣り ー

 

まだ布袋ができていないのに、出来上がった竹竿で1日釣りました。

途中雨に降られ、枝に掛けたフライをティップでちょいちょいと外したりもしましたが、何ら問題なく使えました。

最初は硬めと感じたアクションも使っているうちに違和感はなくなり、手に馴染んだのが分かります。

最後の片付けでは湿った手でフェルールが抜けず、ゴムシートを持ち出しました。持っていて良かったです。

 

1日使ってみて、竹竿に初めて使ったシングルフットガイドの欠点が見えてきました。

まず最初はアクションへの影響です。

多少柔らかくなることを期待した通り、スネークガイドに比べてティップがやや深く曲がります。しかし実際の釣りでは、ためておきたいティップがお辞儀をするように曲がってしまいました。距離が近いほどフライは狙いより手前に落ちて、どうやらこの竿には合わないんじゃないかと感じました。

さらにラインやリーダーが絡みつきやすく、いつもより解く時間を取られました。スネークガイドならロッドをどちらかに回せば大概は外れますが、シングルフットは根元にリーダーが絡みつくといちいち手で外さなければならず、解くのが不可能なほど絡まったときは思い切ってリーダーを交換しました。

ラインとリーダーの接続部が引っかかりやすい気もするし、ラインを通すのもスネークよりやりにくいです。

 

シングルフットは、湖や本流など一定のラインを出す場合に飛距離が出やすいと思います。でもラインの長さを頻繁に変える渓流では欠点ばかりが目に付きました。

初めてフライロッドを手にしたときスネークガイドの形に違和感を覚えましたが、あの形にはちゃんと理由があったんですね。

それが分かっただけでも試した甲斐があります。

 

もちろん、どうしようもなく使えないわけではないのでこれもハンデの一つとして楽しみます。

使いにくいものをどう使い熟すか、ある意味腕の見せどころですね。

 

| タックル&ツール | 00:06 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ