フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< すっかり忘れていました | main | 不具合を修正する >>
結局やり直し

ー 止めておけば良かったのに・・ ー

 

ワンフットガイドの竹竿は無事にイワナ釣りの役割をこなし、自宅のロッドスタンドに収まりました。

渓流で使える1本としてこれからも出番が多くなるんじゃないかと思います。

 

一方でスネークガイドの方は、2回目のコーティングが終わって袋を待っている間に余計なことをしてしまいました。

コーティングの一部にムラが目立ったためミドルとバットだけ3回目のコーティングをしたところ、今度は完全に硬化しなくなってしまったのです。

配合比を間違えたか薄め液を入れすぎたか、いずれにしても気持ち悪いのでやり直します。

 

ラッピング切ってガイドを外し、

 

残ったコーティングを紙やすりで削りました。

 

巻き直します。

スレッドどっちだったかな・・

薄い緑だった気がしますが、確認します。

 

薄い緑をロッドに巻いて濡らすと・・

やっぱりこれみたいです。

 

念のため濃い方も。

これは濃すぎますね。

 

薄い方で巻き直し、ついでに飾り巻きを入れました。

 

ストリッピングガイドの片側にも。

 

1回目のコーティングは薄く。

その間にミドルも巻き替えました。

 

これで何事もなく終わるはずでしたが・・

翌日の午前中、ミドルの1回目のコーティングをしてモーターで回し、夕方になって様子を見るとガイドの角度が変?

1個だけ取り付け面を間違えていました!

一番先のガイドが右に傾いているのが分かりますか?

陽明門の逆さ柱じゃあるまいし、1個だけ違う方を向いていて良いはずがありません。

またやり直しです。

 

完全に硬化していないラッピングを外して他の部分に触れないように巻き直し、またコーティング・・

と思ったところでさらに異変が起こりました。

秤の動きがおかしい・・

1剤を入れても目盛りは動かず、おかしいと思って足すと0.1グラムを超えて急に目盛りが動ました。

これでは正確に測れず、前回のコーティングが固まらなかったのはこのせいかもしれません。

まったく面倒なことばかりです。

何度かやり直して、多分これで大丈夫というところでコーティングをしました。

 

今回はコーティングを2回で終わらせるつもりです。

多少糸目が見えてもボテボテよりははるかにマシです。

今度こそ、余計なことはせずにおとなしく終わらせます。

 

| ロッド・ネット作り | 00:01 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ