フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< これがあったから・・ | main | 来年のために >>
少し湧いてきた

ー ちょっとだけイワナ釣り ー

 

朝7時に起きて天気予報を確認すると行くつもりの川はかなり降った様子、増水を想像してすっかり行く気をなくしました。

そのままごろごろして過ごしていたんですが、やっぱり川に行きたくなって11時に出発、前回ギリギリ釣った川を目指しました。

 

1時半過ぎに到着、水は多めでも何とかなりそうなレベルです。

 

いつもよりティペットを3フィート足しました。

全長11フィートのリーダは自分にとってはロングリーダー、速い流れに対応するためです。

水温は12.8度、良い感じです。

 

しばらくして、川底にへばりつくイワナを発見!

フライを取っ替え引っ替えしながらしつこく狙っても水面に上がってきません。

ポジションを上流側に移動し、魚の上にフライをとどまるようにすると、ゆらゆら〜っと浮いてきて口を開けずにフライをチョン!

フッキングしたいのを我慢してそのままにすると、一旦沈んだイワナが再び浮いてきて今度はフライの直前でUターンしました。

このイワナにフェイント返し(※)は通用せず、それっきりでした。

 

30分釣って反応はそれだけ、上流に移動しました。

 

最初のキャストで岩陰の巻き返しにフライを叩き込むとイワナがスーッと浮いてきてパクッ!

一瞬待ってロッドを煽るとうまく掛かりました。

20センチほどのイワナです。

フライは#10エルクヘアカディス。

 

続いて上流の巻き返しでも。

これもほぼ同サイズです。

 

さらに・・

カメラを出している間にいなくなってしまいましたが、これも同サイズでした。

 

これは対岸の巻き返しから。

ちょっと小振りです。

 

これで終了。

ここでは40分くらいで5匹キャッチ、掛け損ない3匹でした。

 

やっぱり巻き返しでしたね。

ティペットを継ぎ足したのもフライを大きくしたのも正解でしょう。

湧いて出るほどではなかったですが、前回の気配なしに比べると少し湧いてきた感じです。

無理して行ったよかったです!

 

※フェイント返し

イワナは、フライが安全な食べ物かを確認するためフライをチョンとつついて一旦沈み、様子を見て再び浮上することがあります。

このフェイントをかわすため、完全にくわえるのを確認するまでじっと我慢するという自己流テクニックです。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:06 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ