フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 来年のために | main | 試行錯誤 >>
二つの発見

ー イワナ釣りで見つけたこと ー

 

イワナ釣りをしていて面白いことを発見しました。

一つ目は、写真の場所に似たような巻き返しでのことです。

 

フライを赤矢印のように反転流に乗せて流すと、青のようにイワナが浮いてきました。

このままフライをくわえると思いきや、イワナは水面下10センチくらいのところに留まってフライが流れ去ると沈んでしまいました。

もう一度同じように流すと再び浮いてきて同じ動き、少し時間を置いてもやっぱりくわえません。

何度も浮いてくるところをみるとフライを見切ったわけではなさそうだし、そうなれば・・

今度はフライを水につけて揉み、沈みやすくしました。

キャストして半沈みの状態で流れたフライが水中に潜った瞬間、魚の背中が見えました。

ロッドを煽るとゴンッという衝撃、掛からなかったけど確かにくわえました。

 

イワナ釣りではフライが沈んだ瞬間に釣れることはよくあって、沈んだフライを見つけて食いついたとばかり思っていたのですが、この動きを見るとフライが沈むのを待っていたとしか思えません。

つまりイワナは、わざわざ水面に出ずに下に入る流れを利用して楽に餌を食べていたんじゃないかと。

半信半疑ながら別のポイントでやってみると、見事にイワナが釣れました。(5匹目のイワナです)

フライが沈んで1、2、ビシッ!でしたね。

 

そして二つ目は、以前から思っていたことで釣れる確率は上がりそうなんですが、デメリットも見えてきて自分の釣りとフィットするかしばらく検証が必要です。

そのうち機会があったら紹介します。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:05 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ