フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 次回のために | main | テンカラ竿 >>
誰も狙わないスポット

ー ヤマメの集団とライズ ー

 

7月24日の金曜日、友人が養沢に行くというので様子を見に行きました。

友人の車は事務所にあって、どうやら釣り上がっている様子。

徒歩で探しながら木和田平まで行ってみても見当たらず、まさかもっと上流・・

一旦事務所に戻って今度は車で西平まで。

それでも見つからず、諦めて事務所近くで待っていることにしました。

 

事務所下は増水で対岸に渡れず下弁天は大混雑、釣りを諦めて流れを眺めていると、対岸のポイントに魚が集中しているのが見えました。

下弁天の対岸です。(青線は反転流)

ここにヤマメが集まって、かなりの頻度でライズを繰り返していました。

誰も狙う様子がないのは、道路からよく見えても下からでは魚が見にくいからでしょうか。

 

なぜここに集まってライズを繰り返していたか?

まず、釣り人が近づかないため魚にとって安全であること。

流れが緩く比較的楽に定位できること。

テレストリアルだけでなく何かのハッチがあった可能性が高いこと。

水面が穏やかで流れてくるものも見つけやいことなどがあげられると思います。

 

さあ、これをどうやって狙いましょう。

ポジションは? キャストは? フライは?

どんな方法でこのライズを取るか、腕の見せ所ですね。

えっ!?そんな難しいことをしなくても、沈めて引っ張れば釣れますよ・・

それは分かっているんですけど、フライフィッシングはどういう方法で釣るかがとても大事だと思うんです。

難しいのを承知の上であえてライズを狙う、釣れなくてもそこから見えてくる多くの課題がフライフィッシングのエネルギーになるんですね。

簡単に釣れば釣るほど早く飽きるというのは、多くの釣り人を見てきて学んだことです。

 

そうこうしているうちに、探し歩いた友人が疲れた顔で戻ってきました。

なんと事務所から最上流の大岳橋まで釣り上がったらしいです!

養沢ならそういう楽しみ方もできますね。

 

| 養沢のこと | 00:03 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ