フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< エルク・エルク・・ | main | 次の日も >>
今週の川探索

ー 初めてじゃないけど ー

 

自宅から200キロちょっとの川に行ってきました。

 

朝9時、いつものようにのんびり出発。

途中のサービスエリアは青空がきれい!

 

12時過ぎに着いたのはこんな川。

白っぽい岩がゴロゴロして水は透き通っています。

でも、予想より全然水が少ないです。

 

こっちはどんより曇り空、雨が降るかもしれません。

慌てずゆっくりお昼を食べてから川に降りました。

水温は・・何と19.1℃! 減水の影響ですね。

 

期待しないで釣り始めると、5分もしないうちに反応がありました。

落ち込みの脇にフライを浮かべていると、下から魚が浮いてきてフライをくわえました。

フライが消し込むのを確認してから軽くロッドを煽ると、何の抵抗もなくすっぽ抜けました。

くわえずにつまんだだけです。

イワナのようでしたが、やっぱりこの川もスレていますね。

 

さらに5分後、今度は真ん中の白っぽい石の脇でフライが消えました。

少し強めに合わせるとうまくフックアップ。

15センチほどの・・

寄せてみるとイワナではなくアマゴでした。

 

アマゴでも釣れてよかった。

浅瀬に魚を寄せ、左手でティペットを持ち右手でカメラを取り出して・・

カメラを構えようとしたときフックが外れました。

慌てて手で抑えようとしましたが、はいサヨウナラ〜。

そんなわけでお見せできませんが、朱点が鮮やかなアマゴでした。

 

その後は魚の気配がなく、次は1時間後。

何度か流して反応がなく、諦めてピックアップしようとした時フライが消しこみました。

ピックアップしようとする腕と、魚がくわえたことを認識した頭がケンカして、中途半端なグニュッ!という合わせになってしまいました。

バレそうバレそう・・で、やっぱりバレました。

なかなか良いサイズのアマゴ、24〜25センチあったでしょうか。

 

その後はさっぱり反応がなくなり、よく見ると先行者!?

岩の上に濡れた足跡が・・

砂の上は踏み跡だらけだし、川遊びの池まであって、やっぱり観光地は厳しいですね。

 

上流側は今にも降り出しそう。

 

でも下流側は青空です!

天気が目まぐるしく変わり、降ってきたかと思うとすぐに晴れたり、急に強風が吹いたりで釣りにくかったです。

 

正味2時間半、ぎりぎりでボウズは逃れましたが、この水温とスレ具合では姿が拝めただけでも上出来でしょう。

でも、やっぱりイワナを釣りてぇ〜〜!

 

| フライフィッシング・釣り | 00:24 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ