フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 今週の川探索 | main | 最後の最後に! >>
次の日も

ー 2日続けて ー

 

不完全燃焼の釣りから帰って片付けをしているとき、ふと思いました。

明日も特に予定はない、頑張れば行けるんじゃないかと・・

 

で、またしても片道200キロ走って昼過ぎに川に降りました。

ここは今年3回目、やっと平水に戻りました。

山の上には黒い雲、一雨来るかもしれません。

 

水温は12.3℃、冷たいです。

毎年何度も来ているので、魚がどこにいるか大凡見当はつきます。


ところが、釣り始めて1時間、瀬尻、落ち込み脇、岩陰など丹念に探ってもまったく反応がありません。

毛針田さんが言うように、魚がいないんじゃないかと思えてきました。

午後2時過ぎ、ここでようやく反応がありました。

#12エルクヘアカディスを岩陰に落とすと、ふわっと浮いてきてフライの手前でUターン、ギリギリイワナのサイズです。

ポイントを休ませてフライを替えても2度と出ませんでした。

 

さらに30分後、今度はここで反応。

右の岩沿いにフライを流すと、左から黒い影が飛び出してすごいスピードでUターンしました。スレていますね。

 

フライをアントにチェンジ。無反応。

パラシュートもだめ。360度カディスもだめ。

 

もしかしてバッタ?

グリーンのエルクヘアカディスにチェンジ。

巻き返しの真ん中にフライを落とすと、さっきと同じようにすごいスピードで出てきて鼻先でフライを突いてUターンしました。

これはフェイント!

合わせたいのをこらえてそのままにしましたが、2度と出てきませんでした。

 

その後しばらくは気配なし、いたる所に川遊びの形跡があって、実際に水遊びをしている人とも遭遇しました。

今年の夏はアウトドアが大盛況、ここも人が押し寄せたようですね。

 

釣り始めて3時間、普通の釣り人が見逃す小さなスポットでこの日一番の反応がありました。

白泡の切れ目に#12エルクを落とすと、のけぞるように反転してフライをくわえ・・いえ、くわえていません、フェイントです。

キャストし直すと今度は反応なし。

フライをアントにチェンジ、同じように出たので合わせずにそのままにすると再び出て、これもくわえず。ダブルのフェイントです。

パラシュートも出るのにくわえない、ブラックエルクも出るだけ、最後はビートル、これも1回反応しただけでした。

 

スレ方が異常ですね。

時間は4時近く、空が暗くなってきて今にも降り出しそう、次のプールで上がることにしました。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:10 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ