フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 一方で・・ | main | 何とかなりました >>
連休中にストマック採取

ー 道路は大混雑 ー

 

連休後半の22日、養沢に行ってきました。

 

連休後半なら混雑は収まっていると思ったのに道路は大混雑で、いつもの倍かかって釣り場に着くと、一緒に釣るつもりのスクールOBは都内から4時間もかかって到着、一般道が大混雑だったそうです。

結局午後からスタート、スクールOBに釣ってもらって自分は写真だけです。

神谷橋駐車場で支度をし川を見ながら下流へ。

空いていた木和田平橋下に降りました。

降りるとすぐ、岸からすぐ10センチほどの浅瀬にニジマスを発見。

リリースされて弱った魚のような動きにしばらく様子を見ていると、いきなりライズしました。流れてきた何かを食べたようです。

 

スクールOBはすかさずキャスト、1投目はフィーディングレーンを外し、2投目が頭上を流れた瞬間に出ました。

なかなか元気なニジマス、浅瀬にいたのは餌を待っていたんですね。

今の養沢は川全体が浅く、魚は思わぬ浅瀬にいます。いきなり水辺に近づかない方が良いですね。

 

ストマックを採ってリリースし、下流から上がってきた釣り人に先を譲ってから早淵下まで浅瀬を中心に探りました。

しかし、魚の鼻先にキャストしてもチラッだけですぐに無視、入れ替わり立ち替わり責められて魚はスレっからしです。

 

早淵には釣り人、その上流にも駐車場下にも釣り人が見えて一旦道路に上がって仕切り直し、誰もいなかった駐車場上流の瀬に入りました。

ここは小さな落ち込みの連続で魚が見えず、フライを流しにくいのか多くの釣り人はスルーします。でもこの水温なら泡の下にいるはずです。

流す距離はせいぜい数十センチ、落ち込み脇や巻き返しを点で探っていくと・・

泡の切れ目からヤマメが急浮上してのけぞるようにくわえました。

やっぱり泡の下にいましたね。

 

その上流、今度は落ち込みと落ち込みの間のちょっとした弛みから。

パワフルなヤマメはアブラビレがカットされた標識ヤマメでした。

 

そして平和橋の下流でヤマメ3。

瀬尻の落ち込み際にいたヤマメは鼻先にフライを落としてくわせました。

ヒレが揃った美形でした。

浅い流れではフライを流し込むより鼻先に落とした方が効きます。

 

平和橋の上流に何人かの釣り人が見えて、ここで終了。

駐車場上からここまででヤマメ3匹は出来過ぎ、1時間半でノルマを達成しました。

 

連日混雑が続き、入れ替わり立ち代り攻められたポイントでしたが、#14エルクヘアカディスにティペット6Xと養沢では大雑把とも思えるシステムでも、流しにくいポイントや小さなスポットをピンポイントで狙い、極力ドラグを避けたことで魚が反応してくれました。

釣れるか釣れないかはフライやリーダーより、どこにいる魚をどうねらうかが大事だったと思います。

白泡の脇、泡の切れ目、流れと流れの間、瀬尻など、狙ったポイントを外したらそのまま流さずキャストし直し、ドラグがかかりそうになったらすぐにピックアップ、沈みやすくなったフライはこまめにメンテナンスし、常にラインのスラックを取ってフッキングに備えました。

 

管理釣り場でいつも大量に魚がいることに慣れていると、1匹の魚をどう釣るかがとても曖昧になります。

意識していないと、ドラグがかかったフライを平気で魚に見せたり、固まっている放流魚に目を奪われ足元の魚を追いやるなど、知らず知らずのうちに釣れない状況を作り出してしまいます。

秋はヤマメが産卵を控えニジマスもデリケートになります。こんな時ほど基本に立ち返って1匹を大事に釣ることが結果に繋がるのではないでしょうか。

 

※9/22ストマック情報は近日中に掲載します。

 

| ストマック日記 | 00:05 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ