フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 連休中にストマック採取 | main | いい写真 >>
何とかなりました

ー スレッドを巻き替えたロッド ー

 

今週も川探索に行くつもりが、連休最終日の渋滞が怖くて行くのを断念し、1回目のコーティングをしたロッドの続きをやります。

 

2回目のコーティングをする前にフェルールのドットを入れます。

水性ペイントならコーティングをしても溶けません。

 

先端を丸くした爪楊枝で小さなドットを入れ、

 

乾くのを待って2回目のコーティングをします。

ガイドの上側と全然色が違いますが、自分で使うには許容範囲です。

 

翌日、2回目のコーティングが硬化して完成しました。

良かった、何とかなりました。

 

このロッドは10'8"の長さで 指定番手は#6なんですが、グレインウインドウ(推奨ライン重量)は200〜220グレインでSH(シングルハンド)の#6(160グレイン)より重めが目安になっています。

で、自分は実際にどんなラインを組み合わせるかというと、オーバーヘッドならSH#7(185グレイン)がしっくりきて、スペイ系のキャストではSHスペイ#5/6(約215グレイン)かSHスカンジ#6/7(約220グレイン)、スペイラインでもスカンジラインでも静かに振ればオーバーヘッドでも使えます。

 

そして、今度はこれにスカジットラインを組み合わせようと思っています。

ワンアクションで25メートルキャストできれば、湖でも本流でも使えると考えたんですね。

妄想通りにはいかないでしょうけど、とりあえずやってみましょう。

 

※ストマック情報9月21日分を掲載しました。(こちら

 

| やってみました | 00:12 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ