フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ついでにリールも | main | 最後だけ >>
ギリギリ・・

ー シーズン最後のイワナ釣り ー

 

2020年最後のイワナ釣りに行ってきました。

 

天候は曇り時々晴れ、10時に川に到着しました。

さっそく水温を測ってみると・・

予想より低い11.6℃です。

 

駐車スペースは車だらけ、相当数の釣り人が入っています。

結局いつものポイントに入りました。

 

連日の釣り人ラッシュで魚は少ないはずだし、残っていたとしてもスレっからし、期待しないで釣り始めると・・

5分もしないうちに釣れました!

小ぶりのイワナ、測ってみると19センチでした。

またしても降りてすぐ・・こういう日は後が続かないんですね。

 

その後1時間半釣って反応は皆無、魚がいません!

ポイント移動、今度はこんなポイントです。

 

釣り始めて30分、スレているのか活性が低いのかここでも反応がありません。

さらに30分、やっとフライの直前でUターンする魚が見えました。

ギリギリイワナのサイズです。

この白泡の切れ目です。

 

#12エルクヘアカディスは2回ともUターン、ホワイト頭のアント#12は数キャスト目に浮上してUターンしました。

予想通りのスレっからしです。

次は#13パラシュート、反応なし、反応なし・・それでもしつこくキャストし続けて十数回目、いきなり出てきてフライをくわえました。

ワンテンポおいてロッドを煽るとうまく掛かりました。

13センチのギリギリイワナです。

 

やっぱりこのジンクスは生きていましたね。

ティペットの余りを切らずにそのまま・・

これに何度も助けられています。

 

ここでも反応がありました。

奥から岩と岩の間に流し込むと、ギリギリイワナが出てきてフライをチョン!

口を開けていません。

でもそれっきり、2度目はなかったです。

 

上流にポイント移動、駐車スペースには車がありますが空いているところに入ります。

水温は少し上がって12.4℃。

 

少し反応が良くなったようですが、

ギリギリイワナをバラして終了しました。

 

車で移動途中の釣り人も含めると10人くらいの釣り人に遭ったと思います。

こんな小さな川にあれだけたくさん入ると、さすがに厳しいですね。

でも、何とかイワナの顔を見られ、川を歩いてリフレッシュできました。

これで、2020年の渓流シーズンは終了です。

 

| フライフィッシング・釣り | 00:08 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ