フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 買わなくて良かった | main | 少し光が見えた >>
養沢のフライ

ー 販売フライの様子 ー

 

スタンダードドライ

面白いことに#14だけがほぼ売り切れになっています。

例年なら#16の方が売れるのに、今年はまったく逆です。

全体的に水が多かったからでしょうか。

そうだとしてもここまで極端なのは理解できません。

 

ハッチマッチャードライ

これも売り切れのものと残ったものがはっきり分かれました。

例年完売するブラックアントやCDCコンパラPMDが残って、逆に今まで完売したことがないCDCコンパラBWOが売り切れました。セッジが売り切れたのも初めてではないでしょうか。

 

ウェット

こんなにウェットが売れたのは初めてでしょう。

ヤマメやスレ魚に効く小さなサイズが残ったのが不思議です。

 

ニンフ

ニンフがこんなに残っているのも驚きです。

まだ完売はありません。

例年、早々に売り切れるマラブー・オリーブが残って一番売れないタンが売り切れ間近というのも不思議です。

 

事務所スタッフに「どれが釣れますか?」と聞かれる方が今年は特に多かったと聞きます。

フライの種類が多く、知識がない人には選ぶのが難しかったようです。

あまり売れないパターンは最初から少なくしているのに、売れて数が減ったと勘違いしてさらに売れるという珍現象も起こりました。

 

本当にフライフィッシングを楽しもうと思ったら、やっぱり自分で巻いたフライにはかないません。

うまく巻けなくても、自分の思いが込められたフライを信じて使う快感は、他の釣りではなかなか味わえない刺激です。

来シーズンは新型コロナウィルスの関係でフライの仕入れができず、養沢で買われていた方は不自由を感じると思います。

それなら、この機会にご自分で巻いてみてはいかがでしょう。

自分で巻くと買ったフライが使えなくなるほど釣りが楽しくなります。

WEB版スクールで簡単に巻けるパターンを紹介していますから、参考にしてぜひやってみてください。こちら

 

| 養沢のこと | 00:12 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ