フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< ティペット | main | 釣りをしたことがない人の養沢 >>
フライを巻き始める

ー どれぐらい巻けるか・・ ー

 

来シーズン養沢で販売するフライが仕入れられないので、巻けるものだけでも巻いてみようとタイイングを始めました。

 

バイス2台を仕事場に持ち込んで、2本ずつ巻きます。

 

手慣らしにCDCカディス#14。

ハッチマッチャーとして販売しているパターンです。

半日で36本巻きました。

 

翌日は#16。

#14と混ざってもわかるようにボディの色を変えました。

 

これも半日で36本。

 

使いかけのスレッドが1個無くなりました。

フックとスレッド、マテリアルを買わないといけませんね。

 

かつて、養沢で販売するフライを1シーズンに1500本ほど巻いたことがあります。

当時はCDC系フライが仕入れ難かったため、仕方がなかったんですね。

でも、翌年は2度と巻きたくないと、仕入れできるパターンだけに変えました。

最近はCDC系フライもポピュラーになって種類も増えましたが、いかんせんコロナ禍ではどうしようもありません。

おまけにバーブレスフライは輸入品では意外に少なく、このあたりも苦労するところです。

 

まあ、どこまでできるかわかりませんが、キャスティングの合間にコツコツと巻くつもりです。

目標は1500本・・と言いたいですが、来シーズンまで140日ではとても無理です。

200、いや300本はいけるんじゃないでしょうか。

 

| やってみました | 00:08 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ