フライフィッシングであそぶ

養沢毛鉤専用釣場WEBサイト担当者ブログ
<< 釣りをしたことがない人の養沢 | main | 夏ベストを片付ける >>
ボビンホルダーを直す

ー 軽くて良いので ー

 

養沢フライのタイイングでスレッド切れを連発した安物ボビンホルダー。

軽くて良いんですけどね・・

 

スレッドが引っかかるのは先端です。

 

おそらく内側に小さなバリがあるはず、削って滑らかにします。

使うのは#2000の紙やすり。

 

丸めて先端に突っ込んで、ぐるぐる回します。

 

しばらくやってから次はコンパウンド。

爪楊枝にコンパウンドをつけて回します。

 

最後は紙縒りで同じようにします。

 

スレッドを通してぐるぐる回してみました。

今度は大丈夫、角に当たるように強く引っ張っても切れません。

この後フライを10本以上巻いてもスレッド切れはゼロ、うまくいきました。

 

今は先端がセラミックスのものがポピュラーですが、自分は一度使って好きになれず、すぐに金属に戻りました。

金属なら切れる寸前の力加減がよくわかるからです。

安物でも手を加えながら使うのは楽しいし、自分の手加減で高級品と同じ仕事をしてくれるのが何より気分が良いです。

ちなみに、3/0やモノコードといった太いスレッドは後ろ側が切れやすいので、セラミックリングが入ったものを使います。

 

| タックル&ツール | 00:05 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ